薄型テレビの壁掛けおススメ収納方法

テレビ 壁掛け 収納

テレビを購入するうえで、壁掛けのタイプのものが今おしゃれで注目を浴びています。リビング自体もすっきりさせることができ、テレビ台がいらないのでスペースも広々と使えるため人気です。しかし気になるのはテレビ台がないとテレビの付属のブルーレイディスクやDVDなど機材を置く収納が全くなくなってしまいます。収納方法を見つけるうえで、なかなか手が出せないという人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめするのは壁面収納です。すでに壁に収納の棚を取り付けてしまい、テレビを取り付けたい場所をあけておくという方法です。テレビを壁掛けのものに変更するのなら家が新しくなる人も多いと思うので、手っ取り早く見せる収納としても使い勝手がよく、インテリアの見本としても取り扱いがある商品です。

壁掛け棚である壁掛けシェルフも人気

壁面収納を取り付けるほどのスペースもないし、DVDなどはテレビで見られるためあまり収納の必要がないという人には、壁掛のラックがおすすめです。壁掛けシェルフともいい100円均一でも取り扱いがあるほど、手軽に手に入る収納です。壁に直接棚を取り付ける方法で、ブリザードフラワーやインテリア小物、写真建てなどを簡単に飾ることができます。木目調のものやガラス製のものまであり部屋の雰囲気にあわせてぴったりなものが取り付けられるのでおすすめです。しっかりとしたものをとりつけることで、多少重たいものでも置けため、気軽に収納としても活躍することができます。せっかくテレビ台をいれる必要がなくなりスペースができたので、機材やDVDといった小物を乱雑におくのではなくオシャレなシェルフで収納してみましょう。

壁掛けのテレビのメリットはスペースだけじゃない

壁掛けのテレビは、テレビ台が要らないのでスペースができるというだけではありません。小さなお子さんがいる家庭などでは、テレビの高さは手が届きやすくよじ登ったり、画面をたたいてしまったりすることも少なくありません。そのため早く寿命がきてしまったり、余計なベビーゲートなどをおいて収納どころではなくなってしまうこともあります。オシャレな小物やお母さんの大事なものなども壁に取り付けることで、諦めずにリビング飾ることができますし、いたずらから誤飲などの心配もしなくてすみます。また猫や犬などのペットを飼っている人も同じで、すきなインテリアを諦めざるをえなかった人も壁掛けテレビや収納を検討することで、理想のリビングを手に入れることが出来るかもしれません。迷っている人は壁掛けテレビや収納の部屋画像などを見てみてください。