テレビの壁掛け収納を上手にするコツ

テレビ 壁掛け 収納

ここ最近、テレビはどんどん薄型になり、大きいサイズのテレビが人気です。薄型で軽量化されたことにより、壁掛けをしやすくなったと言えます。新居を構えると同時にテレビを壁掛けにと考える方も多いようです。そこでテレビの壁掛け収納を上手にするコツをご紹介します。リビングは物があふれやすく、収納が少ない家庭が多いのではないでしょうか。そこで、テレビを壁掛けにと考えている方には、テレビの四方を囲う形の壁面収納をおすすめします。収納とテレビが一体化することで、とてもすっきりとしますし、収納量が一気に増します。ごちゃごちゃしていたリビングをすっきりさせる事ができるでしょう。そしてこの壁面収納はテレビ自体を引き戸で隠すことのできる物も販売されています。生活感を出したくないという方にはもってこいの収納方法ではないでしょうか。

テレビを壁掛けにするメリットとは

テレビを壁掛けで収納するというと、安定感など不安に思う事もあるかと思います。しかし、どんどん薄型になるにつれて、家具の上に置いた際に不安定になり、地震などで転倒する可能性が高くなっています。しかし壁掛けにする事で、壁自体が崩壊しなければ、テレビが落下する可能性が低くなります。他にもテレビを壁掛けにするメリットが何点かあります。テレビを設置する際に、高さを選ぶ事ができ、見やすくなります。市販されている家具に置く場合だと、決まった高さにしか置けず、高さの微調整ができません。そして、見た目がすっきりし、掃除がしやすくなります。家具の上に置いた場合、支柱と家具の隙間などに埃が溜まりやすく掃除がしにくいです。しかし、壁掛けの場合、上下左右掃除がしやすく綺麗に保つことができます。

テレビの壁掛け収納をすっきりさせる事前準備

もし、新しく家を建てるという方で、テレビを壁掛けにしたいというのであれば、事前に準備した方がいい点があります。それは壁の補強です。もちろん既存の壁に付ける事も可能ですが、これから何十年も住み続けるという事を考えれば、テレビを壁掛けする壁面の補強を事前にされる事をお勧めします。そしてよりテレビの壁掛け収納をすっきり見せる為、コンセントの位置も重要になります。コンセントの増設は可能ですが1万円以上も費用が掛かります。その為、家の設計時からテレビの壁掛けを念頭において、建築会社さんと相談してコンセントの位置も決めましょう。また、テレビの種類によって壁掛けに合ったもの不向きな物があります。その為、事前にどのメーカーのどの機種がいいのかも検討した方が良いでしょう。メーカーによっては、壁から浮かび上がるように見える物など、様々な機種が出ています。壁掛け収納と同時に壁掛けに合ったテレビを見つけましょう。