壁掛けでテレビを収納する際に役立つ情報

テレビ 壁掛け 収納

壁掛けテレビボードにするメリットは掃除がラクになることです。テレビの壁掛け収納は、テレビボードが壁についているので、埃がたまりやすいテレビボードの裏に埃をためないで生活することができます。床拭きは勿論、掃除機をかけるのにもわざわざテレビボードを動かす必要はありません。そのため、毎日を清潔に過ごすことができるのでおすすめです。また、テレビボードの下に空間を作ることで、部屋が広く見えることも魅力の一つです。また、配線は壁の裏に管を通して、そこを通ってテレビやレコーダーをつないでいます。 そして、テレビ自体のコンセントは、テレビの裏にもコンセントの穴を付けるので壁の裏を通す訳ではないのです。レコーダーとテレビをつなぐ配線の本数が以外と多いので、管1本では足りません。できれば大きめの管を2本か3本くらい壁裏に通すと何かと便利なのでおすすめです。

テレビの壁掛け収納はとにかく掃除が楽!

テレビの壁面収納も壁掛け収納と同じ用に、とにかく便利で、収納し放題です。リビングにあるモノを全部と言ってもいいぐらいです。一面を壁面収納にしてしまえば、全てが収納場所になり、とても便利です。モノが多くてごちゃごちゃしているのがイヤという人や収納場所が少ないのがイヤという人には、夢のような収納家具になるのでおすすめです。しかし、扉がガラスのタイプの場合や逆に扉なしの棚板だけ、といった場合は、収納している物が見えてしまい、見え方によっては、統一感を欠いてしまうような場合もあります。また、周りの物も片付く訳なので当然スッキリします。デッキ類も収納でき、テレビ台だけで置いていると気になってしまう他の家具との高さの違いにからくる乱雑さも無くなり、そんな意味でもオシャレな感じになります。

テレビの壁掛け収納はとにかくオシャレです

壁掛けテレビ収納は大きさにもよるのですが、通常は、床に置くテレビ台よりも高さが出るため、オシャレな飾り棚としても活用できておすすめです。飾り棚のような壁掛け収納は、見た目もホテルライクで高級感がありとてもオシャレです。テレビ台一つとってもそれなりの大きさがあり、スペースを取るのでリビングもごちゃごちゃした感じになってしまいます。そこで壁掛け収納にすることで、一つでも家具を減らせれば、部屋がかなり広く感じられる用になります。リビングが広々としていると、開放感もあって素敵です。また、テレビ自体がオシャレなインテリアのように機能し、ラグジュアリーな非日常感が味わえます。テレビを壁に掛けることで、テレビ台がなくなり空間をより有効に使うことができます。そのため、壁掛け収納は都内の狭小住宅でも向いているのです。