目からウロコなテレビの壁掛けの収納方法

テレビ 壁掛け 収納

テレビ放送がアナログからデジタルに移行したことでテレビ本体がコンパクトになり、現在では薄型テレビが主流となっています。テレビが薄型になったことで、壁に掛けることもできるようになりました。テレビを壁掛けにすると、テレビボードが必要なくなり部屋がスッキリして見える効果があります。また、小さな子供のいる家庭では、子供がテレビに触れる心配も無くなりますし、地震が発生した際にもテレビが倒れてくる心配がありません。テレビを壁掛けにすることで色々なメリットが生じますが、配線を上手く収納できないとこれらのメリットも無くなってしまいます。配線がむき出しの状態ではせっかく壁掛けにしてもごちゃごちゃして見えますし、子供やペットが配線で遊ぶ危険もあります。そのため、テレビを壁掛けにする場合には配線を上手く収納することが大切です。

壁の中を通して配線をスッキリ収納

テレビを壁掛けにした際の配線の収納の一つとして、壁の中を通す方法があります。配線を壁の中に通すには、テレビを壁に設置する前に壁に二つ穴を開けておく必要があります。まず、テレビ本体の配線差し込み部分となる位置に一つ目の穴を開けます。この部分はテレビを壁に掛けた時には見えなくなるので、見栄えが悪くなることはありません。一つ目から真下に移動した位置に二つ目の穴を開けます。その間に配線を通すことで、ぶら下がっていた配線を壁の中に隠してスッキリさせることができます。その後、二つ目の穴から出してきた配線をコンセントやアンテナ端子に差し込むのですが、この間の配線も隠したいという場合は、ご自宅の壁の色に近い色の配線モールを使用すると違和感なく隠すことができますし、配線がむき出しになる心配も無くなります。

第二の壁を作って穴を開けない配線収納

賃貸住宅に住んでいて壁に穴を開けられない方の場合は、新しく壁を作ることでテレビの壁掛けを可能にし、配線の収納も綺麗にできるようになります。自分で一から壁を作ると聞くと難しく感じますが、ディアウォールというアイテムを使うことで簡単に作ることができます。ディアウォールとは柱を固定する材料のことで、床や天井を傷つけることなく好きなところに柱を作ることができるので、安心して賃貸住宅でも使うことが可能です。ディアウォールと2×4材で柱を2本作り、その間に壁掛け用の金具が設置できるよう板などを固定します。配線が出てくる部分とテレビで隠れる場所以外に板を張り付け、壁紙を貼れば完成です。テレビを壁掛けした際は、これらの方法で上手く配線を収納することで、おしゃれで安全な空間を作ることができます。